フロアー全面張り替え

プロ仕事一覧へ戻る


MG midget のマーク1
人気のある車種です。


この当時の小型オープンスポーツカーは特に保管状態が悪いので雨水、湿気による腐食が酷いケースが多くあります。


フロアーとサブフレームの箇所も袋状構造で湿気が溜まるので、酷い腐食になっています。


シートを外し、フロアーカーペットを外し現状確認です。


その場をごまかす目的で運転席足元には、この様な鉄板が張られていました。


かぶせてあった鉄板を外すと内側は壊滅状態でした。


サブフレームを残し一気に除去しました。


サブフレームと床材はスポット溶接で止められていますので、根気よく一箇所ずつ外していきます。


手前サブフレーム下部分、アンダーコートでごまかされていましたが、かなり深刻な状態だったようです。


ステップ内側もサビ腐食酷いので除去して防錆処理しました。


新しい補修パネルを現状に合う様にカットして仮合わせです。


海外補修パーツは精度が悪いので常に加工修正します。


ステップ側面、サブフレーム交換完了の場面です。


左右の骨格修正が終了した時です。


フロアーリア部分のバルクヘッド、足回りのリーフスプリングやストラットを裏側に付く重要な箇所です。


ボディー全体が縮んでいないか、左右のサブフレームはセンターから均等に付けられているか常に計測します。


海外補修パーツは実車とまるで異なる角度で製造されています。
修正専用のジグなどをその度に製作して対応していきます。


サブフレーム骨格修正完了時。下からの場面です。


リアリーフスプリング取り付け部 拡大画像です。


サブフレーム下側からの拡大画像です。


補修用フロアーパネルです。


ガレージジャッキやパンタグラフを使用して溶接時に隙間が出来ない様 全体にズレない様しっかり設置します。


フロアーパネル仮組み 室内側の画像です。


溶接完了後は隅々までシーリング処理します。


ラバー系の専用アンダーコートをエアガンで塗布します。


ラバー系アンダーコート塗布完了の画像です。


キレイに塗装、チッピング処理してマフラーも組み付けました。


足回り取り付け部分も全て新品パネルに張り替えられ、安全が充分確保できました。


ステップ外側もキレイに修正して再塗装しました。


ボディー全体は丁寧にポリッシングを掛け仕上げて終了です。


PAGE TOP