フレーム修正

プロ仕事一覧へ戻る


1930年代のビンテージカーのフレーム修正です。
80年位前の製造で 保管状態も悪くサビも侵行しています。


当時は未舗装の道ばかりで、地面がデコボコしており、フレームへの負担も大きかった様でかなり歪み、曲がり、クラックが全体に入っていました。


クラック確認やその先の作業の為に全体的にサンディング。


フレームの内側も出来るだけキレイにサンディングしないと、クラックを見落とすことになります。


フレームの歪みは、固い材料でその部分を拘束しながら、ガスなどで熱を加え修正します。


左右レールを接続している丸い剛材がヘの字に歪んでいたので、ガスで熱を入れながら修正しました。


中央部分、金属を焼いた跡が残っている箇所が修正部分になります。


リヤセクション、重いデフが乗る箇所は必ず大きく歪んでいます。
しっかりと修正が必要になります。


この箇所が曲がったままだとホイールベースに強く影響します。
走行時の安全確保も大切です


フレームの様に厚い剛材はガズなどで熱を加えないと、修正するのが難しいと思われます。


ガスでしっかり熱を加え、すぐさまハンマーリングで均します。


リーフスプリング取り付け箇所は補修部品が有るので、切開除去溶接で復元しました。


溶接する前は必ずセンターから左右の寸法は均等が計測です。


水平機で平行具合、斜めにクロスして張った糸で、フレームの歪みを確認しています。


修正終了後は防錆処理入りますので、サビが残らないように、隅々まで手入れします。


80年以上経過していますが、適切に処置すれば、充分現代にも活躍できるようになります。


防錆力の高い エポキシ系プライマーをしっかり塗布します。


最終はキレイに塗装して完成です!


PAGE TOP