ビンテージカー コクピット改造カスタム

プロ仕事一覧へ戻る


第二次世界大戦以前、1930年代のビンテージカーも、現存している車両は修復必要な箇所多々あります。


ハンドルとコクピットボディーの間が広いので延長させます。


現状把握 10cm間隔で必要箇所計測です。


理想の形状を型紙で作製します。


型紙を複写して鉄板を切り出します。


三本ローラーで軽いアール付けておきます。


今回はワイヤーエッジを先に処理して、新設した補修パネルがボディーに馴染むよう一晩この状態保持しました。


溶接する箇所には旧のワイヤーエッジが入っていますので、プラズマカッターで切開しました。


端より15mm内側を均一に切開しました。


仮止め溶接開始。
理想通りの間隔です。


常に計測、確認しながら少しずつ溶接していきます。


アールの箇所は最終50mm間隔で計測しながら溶接です。


パテ処理 面出しの場面です。
ハンドルとボディーの間隔が縮まったのがよく分かります。


ボディーワーク完成時です。


キレイなボートテールも再現できました。


PAGE TOP