サビ腐り パネル部品切開、製作

プロ仕事一覧へ戻る


ドアパネルなども基本的には袋状の構造ですので、湿気が溜まりやすく サビやすい状態です。


下部の酷い部分は全て作り直します。


新設パネルはプラズマカッターを使用して切り出します。


型合わせして溶接完了の場面です。


裏側ですが、ご覧のように下側、全て腐っていました。


何個かに分けてパーツ製作していきます。


仮り合わせして、寸法を現物に合わせます。


小さなパーツも作り直します。


リアピラーも水はけ悪い所はよくサビで腐ります。


他の場所と同様にサビている所は全て除去します。


実寸計測して補修パネル製作します。


溶接、仮付けする前に出来る限り作り込んでしまいます。


仮り合わせの模様。
この後、本溶接すれば完成です。


細かなパーツも出来るだけ忠実に復元作業します。


フェンダーの下部。サビ腐食酷い所も中骨から忠実に再現。


一つのパーツでも重要なので丁寧に作り込みます。


新設したアウター下部パネル 溶接して完成です。


PAGE TOP