サビ腐りによる損傷 フロアー一部張り替え

プロ仕事一覧へ戻る


地面に近いステップと並んでフロアーも腐りやすい場所です。
モノコック構造のボディーにおいて、フロアーも全体の強度確保に、大切な役割を担っています。


鉄板に対するサビは人間に例えるとガンに相当しますので、サビ発生箇所は再発防止目的にも出来る限り除去します。


大きく除去する場合は、車の強度が不足しますので各ポイントで、つっぱり棒などをして車の寸法が狂う予防、安全対策が重要です。


白く見える箇所はメインフレームになります。先にエポキシ系プライマーで防錆処理しました。
車の四隅には走行時強い力が加わります。しっかりと強度が確保できるように復元しなければいけません。


フロアーは今回 1.3mmの鉄板で製作しました。


足を乗せる部分に先に角度をつけておきます。
多くのメーカーで同じくらいの角度付けられていました。


フロアー横、ステップ内側の鉄板も大切な強度を確保しています。
しっかり再生、復元を心がけます。


復元する場合は、水平機などを利用して組み立て時の狂いを防止しながらの作業になります。


運転席の足元、ルーフからの雨水も上から降りて溜まりやすいので腐ってしまいがちです。


上からホイールハウス一部、フロアー一部、ステップ内側、外側、全て製作し直した完成写真です。
モノコックボディー構造では、一枚一枚のパネルが大切な強度確保の為のパーツになってきます。
この様な箇所が腐っている場合は安全運転上は大変危険になってきますので注意が必要です。


PAGE TOP